花に癒される毎日です。


by miyukistyle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
4月の連休を利用して、湯の児スペイン村福田農場に行ってきました。

熊本市内から高速で南へ約1時間半、水俣市に到着。
途中の道の駅で「太刀魚丼」を食べました。
さくさくのてんぷらに甘辛いたれがおいし〜い♪
一緒に頼んだあさりのお味噌汁も美味でした。

c0052035_23205435.jpg














おなかがいっぱいになったところで、福田農場へ移動。
ここでは毎週日曜日にフラメンコショーが行われています。
おいしい地ビールを飲みながらリズムをとっていると、一緒に踊りたくなっちゃう!

私が「フラメンコを踊ってみたい!」と思うきっかけになったのが
ここで見たフラメンコショーでした。
明るい太陽の下、情熱的に踊る女性たちがとても魅力的で…。
「見ているだけじゃつまらない!私も踊れるようになりたい!!」
そんな気持ちではじめたフラメンコも、もうすぐ4年。
こんなに続くとは思わなかったなー。

華やかな衣装も素敵ですよね♪
いろいろなデザインがあって、みているだけでも楽しくなります。

c0052035_23221748.jpg














おだやかな不知火海を臨む、絶好のロケーション。
スペインにはすぐには行けないけど、ちょっとラテンな気分になりたいとき、
心がくたびれてしまったときに、足を運びたくなる。
私にとって、とても大事な場所です。

c0052035_23253866.jpg

[PR]
# by miyukistyle | 2006-05-05 23:43 | 大好き♡おでかけ
お題バトン 〜私の「お山」の流儀〜
いつも仲良くしてもらっている「東京なでしこ」のbridgetさんから
「お題バトン」を頂きました。
久々のバトンものでちょっとどきどき…。
しかもお題は『松田聖子』。
「お聖子さま同盟」会員としての責任は重大です。
では、スタート!!

1.PCもしくは本棚に入っている『松田聖子』
 PCには入っておりません。
 手持ちの聖子ものは専門学校時代にテープにダビングしたアルバム3枚。
 「Candy」「ユートピア」「Windy Shadow」
 最近、じっくり聴いていないけどジャケット写真はぱっと浮かんできます。
 「未来の花嫁」「黄色いカーディガン」「マイアミ午前5時」
 「マンハッタンでブレックファスト」etc…名曲揃いです。
 あ〜カラオケ行きたい!!
 
2.いま頭に浮かぶ『松田聖子』
 新しいところで去年発売された写真集の姿でしょうか。
 あの年令で、あのビキニを着て、変わらぬ聖子スマイル。
 敢えてゴージャス路線には行かず、デビュー当時のイメージをそのまま
 再現したあの写真集。
 そうか、こういう歳の取り方もありなんだ、と思いました。
 40代だから大人の女らしく、なんてつまらない。
 大人には大人の可愛らしさがあって、それを貫いていいんだなって。
 その人らしさが表現できることが魅力につながるんですね。
 それはそうと、彼女の肌の綺麗さといったら!!
 透けるような白い肌にうっとりでした。

3.最初に出会った『松田聖子』
 歌声だけなら洗顔フォームのCMで流れていた「裸足の季節」。
 TVで歌う姿を見たのは「青い珊瑚礁」だと思います。
 最初の印象は「このひと、可愛い…?」(笑)。
 同じクラスの男子で大の聖子ファンがいて、「聖子はぶりっこじゃない!!」
 と主張してましたが、クラス中から失笑をかっておりました。
 デビュー当時、「赤いスイートピー」以降も実はそんなに聖子ファンでは
 なかった私。ただ、彼女の歌は好きだったなあ。本当にいい曲が多い。
 よく言われることですが、作家陣に圧倒的に恵まれていましたね。
 これからの季節は「夏の扉」なんていいですね〜。

4.特別な思い入れのある『松田聖子』
 私がビジュアルも含めて彼女のファンになったのは「秘密の花園」、
 「天国のキッス」から。この頃の髪型が大好きで、真似してました。
 すっきりと清楚な可愛らしい雰囲気に憧れたものです。
 この頃発売されていた「明星」だったか「平凡」だったかのグラビアで、
 ちょっとセクシーなショットが掲載されていて、当時中学生だった私は
 彼女の清楚な色気にどきどき…。
 カラオケに行くようになって、何度か「天国のキッス」を歌ったことが
 ありますが、この曲すっごく難しい!!音程がとりにくいうえに、転調
 するし!これをさらっと歌う聖子ちゃんってやっぱすごい。ま、プロだから
 といえばそれまでなんですけど…。

5.このバトンをまわす人
 残念ながら思い付かないので、わたしでゴールさせてください。

♡♡♡   ♡♡♡   ♡♡♡   ♡♡♡   ♡♡♡   ♡♡♡
このバトンがまわってきたことで、改めて「松田聖子」という人について
考えることができました。
彼女はデビュー当時「ぶりっこ」と呼ばれて、同性からすごく嫌われたけれど
それはきっと、本当は自分も彼女のように可愛くふるまって男子の気を引きたい
のに、ちょっと照れくさくてできないでいたら、彼女が堂々とそれをやってのけた
ので、悔しい!憎たらしい!という嫉妬だったのでしょうね。
でも、彼女は自分の欲しいもの、やりたいことがはっきりわかっていて、それを
得るために行動しただけ。常に直球勝負。
自分が求めるものに対する情熱、つかみ取る握力の強さを感じます。
可愛らしくて、情熱的で、そして強くてしたたかで。
そんな彼女の生き方がたくさんの女性に支持されるのでしょう。

余談ですが、私の前夫は聖子ちゃんが大嫌いでした。
彼女がTVに写るとチャンネルを変えるくらいの嫌いようでした。
彼は優しいひとだったけれど、女性が前に出て目立ったり、自分の欲求を追求
したりすることは快く思わなかったんですね。
私が聖子ちゃんを応援するのを苦々しく見ていたっけ。

私にとって、アイドルと言えば『松田聖子』。
これはこれから先も変わることはないと思います。
いつか、ディナーショーで生の聖子ちゃんを見たいなあ。

 
 
[PR]
# by miyukistyle | 2006-04-30 00:56 | 日々のひとりごと

春に着る黒

c0052035_23193058.jpg
半袖を着るにはまだちょっと肌寒いけど、
ショップで一目惚れ♡

黒だけど、コットン素材で袖はシフォン
なので、軽やかな印象です。
パフスリーブ、フリル、リボン。
女心をくすぐるデザインですねー。


街に春色が溢れてくると、なぜだか黒が着たくなるんです。
あまのじゃくなのねー、わたし。
この時期に着る黒は、涼やかに、軽やかに、清潔に、を心掛けたいですね。
そして、白を着るならゴージャスに。

モノトーンを着ても、ちょっと優しい雰囲気の着こなしができればいいな。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-04-22 23:44 | お気に入り

「美」と関わっていく私

花咲き乱れる春、あちらこちらの庭先を眺めるのが楽しい毎日。
我が家の牡丹も見事に咲きました。

ダーリンの世話の賜物だわー。
もはや「庭師」の域に達している。
c0052035_151260.jpg

1ヶ月ほど前から、新しい仕事を始めました。
POLAのビューティーアドバイザー。
お客さんとしてPOLAの商品やエステを体感していたけれど、果たして
自分にできるかな…とずっと考えていました。
誘ってくださった先輩は、「まず、やってみようよ」と。
美容の知識を勉強しながら、営業活動もしなければならない。
もちろん、売り上げも…。
不安はたくさんあったけど、飛び込んでみることにしました。

午前中はダーリンの実家の仕事を手伝って、お昼はいったん自宅に戻り、
食事と着替えを済ませて、営業所へ。
毎日があっという間に過ぎていきます。
どうして、こうまでしてこの仕事をやってみようと思ったんだろう?
おそらく、「これは本当に自分のための時間で、自分のための仕事」と
いう実感が欲しかったんだと思う。
どうしても、自分の置かれた立場、状況で、なぜだか自分のことを
後回しにしてきた気がする。そんな自分でありたいと思ってもいたけど
今年はもっと自分の時間を大事にしたい…。

歯科衛生士に復帰することも考えたけれど、拘束時間がどうしても長く
なるし、せっかくなら興味があったことをしてみたほうがいいかな、と。
好きなことを仕事にするのは、楽しい反面、色んな葛藤で苦しむとも
いいます。それでも「美」に関わっていけることはとてもうれしい。

まわりのひとを、大切なひとをきれいにしてあげたい。
「お手入れ、気持ちよかった!」と喜んでもらいたい。
そして、自分もきれいになっていけたらうれしい。

そんな状況だったので、ブログの更新がかなり滞ってしまいました。
毎日ここに書ききれないくらい、色んなことがあったけど…。

先日、はじめてのお給料が出ました。やったー!!
ダーリンにサッカースパイクをプレゼント。
わたしはSHIPSのネックレスと、久しぶりに可愛い下着を買いました。
こんな楽しみもあるから仕事も頑張れるんだな。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-04-17 01:11 | 日々のひとりごと
c0052035_15134053.jpg
コットンスカート、今度はティアード♡
色は茶に近い濃いカーキ。
デザインが甘いので色は辛口で。

何とこれ、500円で譲ってもらいました!
お友達(身長150㎝)がとっても気に入って
買ったけど、丈が微妙なのとお腹がぽっこり
見えるのがどうしても気になってほとんど
着ていないそう。

私はまさにこんなデザインを探していたので即決!
ありがとう、チホちゃん。大事に着るね♡
c0052035_15135830.jpg
裾の部分は少し透けるようになっているので
軽い印象です。

こんなフリルいっぱいのスカート、中学生の
とき以来だなー。
好きなデザインというのは歳をとっても(笑)
あまり変わらない、ということなのかしら。

いつになくスイートな服が多くなってる気が
しますが、何となく今はこんな感じが気分です。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-04-09 23:01 | お気に入り

咲いた♪咲いた♪

c0052035_22164979.jpg

去年の秋に作った寄せ植え。
真ん中に植えていたチューリップが無事に芽が出て、花が咲きました!
やったー!!パチパチ!

何だかすごい達成感。

3月の声を聞いてもなかなか芽が出ず、「もしかして逆さまに植えた?」
と心配していました。

チューリップは大好きな花です。
すうっと伸びた茎に可憐な花。見ていると何だか元気が出ます。
切り花にしても長もちするのがうれしい。

一緒に植えているビオラはどんどん咲くので、気が付いたときに摘んで
ダイニングや寝室に飾っています。
明るい花の色と葉っぱのグリーンがお部屋を春らしく彩ってくれて、
ほっと和んでしまいます。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-04-08 22:37 | 日々のひとりごと

間に合った〜!

c0052035_12272879.jpg

今年は半分あきらめかけてたお花見。
何とか、滑り込みセーフ!

今にも泣きだしそうな空だったけど、久しぶりに熊本城に行ってきました。

観光名所って、地元だと意外と足を運ばないものですね。
改めてじっくり見てみると、いいものです。

風ではらはらと桜のはなびらが舞うなか、ダーリンと手をつないでのんびり
お散歩。ときどき写真を撮ったりして、ちょっと観光客気分でした(笑)。

みなさんは、どんなお花見をされましたか?
[PR]
# by miyukistyle | 2006-04-03 12:41 | 大好き♡おでかけ

「いいクルマ」の基準

ダーリンが申し込んだ、メルセデス・ベンツBクラスの「3Daysトライアル」。
何と、当たっちゃったのです。
3日間、たっぷりと試乗することできました。

Bクラスは、メルセデスが作ったプレミアムコンパクトカー。
クルマは大きすぎず、日常使いに過不足のない広さがあって、頑丈で
乗り心地がいいのがいちばん!と思っている私にとって、Golfと同じ
くらい気になる存在になっていました。

乗ってみた最初の印象は「普通」。
GolfGTIに乗ったときのような、「うわあ、すごい!!」という感動は
なかったんです。
あくまでスムーズに走り、穏やかにカーブを曲がり、きっちり止まる。
助手席に乗っていたこともあって、眠りそうになったほど。

しばらく走ったところで運転手交代。
ハンドルを握ると、手にしっくりなじむ感じ。
はじめはブレーキのタイミングがなかなかつかめなくて、ぎこちない
運転だったけど、慣れてくると驚くほど運転がしやすいんです。
気が付くといつになくきびきびとクルマを走らせて、運転を楽しんで
いました。

走りはもちろん、上質なインテリア、操作機器のレイアウトや使い勝手、
乗り降りの時のストレスを軽減してくれるきめ細やかな機能、などなど
メルセデスというブランドのもの作りの姿勢に心から感服!

VW Golf GTIが「走りがいいクルマ」ならメルセデス・ベンツBクラスは
「快適に走るクルマ」といった感じでしょうか。
長く乗る程に良さがしみじみわかる、派手さはないけれど、いつも寄り添って
くれるクルマだと思いました。

正直言うと、メルセデスのクルマには今までほとんど興味がなかったんです。
どうも「成り金趣味」(死語?)なイメージが強くて。
誰もが認める高級車、というのがまた抵抗があった。同じ理由でヴィトンも
ちょっと敬遠。
でも、ブランドと呼ばれる限り、もの作りにはかなりのこだわりがあって
それが伝統として受け継がれて、そしてたくさんのひとに愛される。
愛されるのにはきちんと理由があったのですね。

「いいクルマ」とはなんぞや?!ということをあらためて考えさせられた
3日間でありました。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-04-01 01:39 | Golf
c0052035_1825570.jpg
白いコットンレースのスカートです。

控えめのフレアで、白だけどすっきり見えます。
ウエストのリボンがさりげないアクセント。
裏地も付いているので透けにくい。

下に同じコットンレースのペチコートを
はいてボリュームを出しても可愛いかな。

c0052035_1831332.jpg
こんな懐かしい感じのレースが大好き。

繊細なレースもゴージャスで好きだけど、
春はちょっと温もりのある素材が着たく
なるんです。

子どもの頃に、着ていたような…。
もしかしたら、お母さんが着ていたのかも。


ずーっと「白いふんわりスカート」を探していたのですが、なかなか
お気に入りに出会えなくて…。
白で、ティアードスカートだと私にはちょっと可愛いすぎる気がしたし、
丈があまり長いとバランスが悪いし。

まずは、Gジャンをはおってカジュアルに着てみようと思います。
お花見デートで、デビューかな♪
[PR]
# by miyukistyle | 2006-03-21 18:21 | お気に入り

まっすぐな男

最近、気になるひと。

それは、ウルフルズのボーカル、トータス松本さん。

最新シングル「サムライソウル」を聴いたとき、はじめは「何か字余りで
唸ってるみたいだなあ」と思ったけれど、何度も聴くうちに胸がどきどき
してきちゃったんです。

「心配すんな ロマンティックな男やからね」
「そうやって笑ってくれたら 誰にも負ける気がせえへんわ」
「男は サムライなんちゃうの」

ストレートすぎる歌詞。
ちょっと暑苦しい?とも思うけれど。
でも、こういう男、いいなあ。好きだわ。

テレビのトーク番組で家庭での様子を聞かれ、
「子供はねー、けっこうどうでもいいんですよ。もちろん可愛いけどね。
でも、あいつらは後から来たんやから、邪魔してほしくないんですよ、
僕と奥さんの。」
と、さらっと言ったのが、非常によかった。

ああ、こんな男なら、きっと奥さんはずっと幸せよね。

え?ダーリン?
こんなまっすぐな男であってほしいな…と思っております(笑)。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-03-18 01:15 | 日々のひとりごと