花に癒される毎日です。


by miyukistyle
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

どうしようかな

連休は台風で気分を削がれてちょっとがっかりでした…。
みなさまのところは被害はなかったでしょうか?
熊本市内は風がかなり強かったけれど、大きな被害はなかったので
とりあえずほっとしています。

さてさて、最近のお悩みなのが「髪」。
ヘアスタイル、どうしようかな〜と思ってます。

現在は腰まで届くストレートロング。
6月にかけたデジタルパーマはほとんどとれていて、アイロンで巻くと
カールが復活するかな?という状態。

夏前までは「フラメンコの発表会が終わったらばっさり切るぞ!」と
思っていて、顎ラインのボブにしようかなんて意気込んでいたんです。

でも…最近同僚に「髪、切ろっかな〜」と何気なく言ったら、
「ええ〜〜〜!!もったいない!!さらさらで全然痛んでないじゃん!」
「そ、そっかな(いやいやこの毛先はけっこうやばいぞ)」
「切るんなら私にちょうだい」
「うん、あげるあげる(からまって手入れが大変だよ)」
なーんてやりとりがあって。

う〜ん、そう言われてみれば夏を過ごしたわりにはそんなにぱさぱさして
ないし(ちょっと評価が甘くなる)、長いのは気に入ってるし、ばっさり
切って今までのお洋服が似合わなくなったらどうしよう…なんて考え出し
たらも〜う頭がパニック!

ロングでゆる〜く巻いていると、見るからに「女らしい」オーラが出せる
ので、ついついこの髪型に頼ってしまうのも事実。
髪がアクセサリーみたいになるので、服はシンプルでもいいし。
でもでも、髪に頼らなくても女らしくならないと!と喝を入れたい気もして。

「ロングじゃなくても女らしいエレガントなヘアスタイル」…なんて
そんな抽象的なオーダーで、果たして美容師さんわかってくれるかな。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-09-20 13:15 | 日々のひとりごと

他人の見た目

c0052035_1155487.jpg

9月に入り、朝晩は涼しい風が吹いて、季節の移ろいを感じます。

先週、突然同僚からマグカップをプレゼントされました。
診療中のちょっとした空き時間にみんなでお茶を飲むのですが、
みんなそれぞれ蓋の付いたカップを使っているんです。
私は、普通のそこに以前からあるものをとりあえず使っていて
そのうち気に入ったのが見つかったら買おうと思っていました。

「いつも気になってて…よかったらこれ使って」と言われたときは
すごくうれしかった!!
彼女は以前勤めていたときからの付き合いで、同年代ということも
あって、時々映画を観に行ったとこもあるんです。

「これがいちばんmiyukiちゃんらしかったから」
と選んでくれたカップはこんなに可愛らしいピンクの花柄。
大人になって、さすがにあんまりラブリーなものは恥ずかしくて
見える所には使わないけれど、こんな小花柄は昔から大好き。
いくら、格好良くみせたくてクールな雰囲気の服を着ても、
長い付き合いの相手には、わかってしまうものなんですね。

彼女の粋なプレゼントのおかげで、毎日のお茶の時間が更に
楽しいものになりました。
リエちゃん、ありがとね♡
[PR]
# by miyukistyle | 2006-09-04 12:15 | 雑貨たち

思いがけず…。

c0052035_11445058.jpg

今日から、歯科衛生士として働くことになりました。

実に2年ぶりです。
ちょっと不安です。

2週間ほど前、以前勤務していた歯科医院の受付の方から電話がありました。
「また、一緒に働きませんか?院長先生も奥様も是非にって…」
とてもびっくりしたけれど、状況はとりあえず声をかけてもらったのが
うれしくて、思わず「ありがとうございます。うれしいです」と言いました。

ただ、午前中はダーリンの実家の手伝いがあるし、POLAの仕事もぼちぼち
していたので、ありがたいお話だけれど、お断りするつもりでした。

すると、こちらの事情知った院長先生が「午後からでも来てくれたら助かるな」
と言われて…。
ダーリン、ダーリンの両親にも相談した結果、「是非にと言われて働けること
なんて滅多にないのだから、頑張って復帰してみたら?」と背中を押されて
決心しました。

正直、衛生士の仕事に復帰するのが怖かったのかもしれません。
自分の技術の不安、精神的な弱さ、体力的な不安…。
でも、心のどこかで、「また働きたい」という気持ちがあったからこそ、
電話をいただいたとき、思わず「うれしいです」という言葉が出たのだと思います。

その歯科医院を辞めてから、やがて5年くらいになるのですが、そんな私に
また声をかけてもらって、「必要とされてる」という気持ちがこんなにも
心を満たしてくれるとは思いもしませんでした。

きっと、実際に働いてみるといろいろと不満も出てくるだろうけれども、
そんな時も、今の気持ちを忘れず、気負わず、仕事と向き合っていこうと
思います。

そろそろ、支度をはじめようかな。
どきどきしています。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-08-07 12:09 | 日々のひとりごと

夏のお楽しみ

夏本番、暑い毎日ですが、みなさま如何お過ごしですか?
毎朝セミの大合唱で目が覚めます。
昼間の眩い日射し、くらくらするような暑さ。
夕立ちのあとの、ひんやりした風が恋しくなります。

明日の夜は、熊本市近郊の温泉街、植木町で花火大会があるんです。
久しぶりに行ってみる?とダーリンが誘ってくれたので、ごそごそと
浴衣を出してみました。
c0052035_14454177.jpg

以前、習っていたお茶の先生に譲っていただいた浴衣です。
帯は薄紫と檸檬色のリバーシブル。
c0052035_144611100.jpg

下駄は白木にうさぎの柄、鼻緒が市松模様と赤の組み合わせでアクセントになります。

結婚してはじめての夏、この浴衣で同じ花火大会を見にいったのですが
現地につくころにすごい雨が降ってきて、結局中止に…。
がっかりして家に戻ったら、急に具合が悪くなってダーリンが大慌て。
それ以来、浴衣で花火を見に行くことはなくなりました。

でも、今年は初釜で着物を着たきり、いちども着物着ていないので、
着付けを忘れないためにも、明日は頑張って浴衣でお出かけします。

雨が降らないことを切に願うばかりです。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-08-04 15:09 | キモノ

完全燃焼…!

長かった梅雨がようやく明けました。
みなさまの住んでいらっしゃるところは、雨の被害は大丈夫でしたか?
熊本は台風のときよりも雨が降って、あちこちで川が増水!
夏は苦手な私だけど、梅雨が明けてちょっとほっとしています。


フラメンコの発表会が7月17日海の日に行われました。
前日のリハーサルで今まで間違ったことのないところでポカをしてしまい
異常な緊張状態で迎えた本番当日。
例年とは違ってランスルー(本番と同じように衣装を付けて通して踊る)が
ないので、みんなもちょっと不安げでした。

舞台の袖で、「大丈夫、みんな練習したんだから!」と周りを励ましつつ
自分にも「大丈夫、できる!」と言い聞かせて。
円陣を組んで、「いくぞ!」
c0052035_13534899.jpg
音楽が流れ、ライトが当たる。

表情が硬くなってないかしら。
動きが小さくなってないかしら。

はじめはそんなことを考えていたけど、
曲が半分くらいにさしかかったころ、
「楽しく、感情を表現しよう」と思って
ラストまでいっきに走りました。
c0052035_13541182.jpg

無事に踊り終えて、楽屋に戻ったら、全身の力が抜けてしまい、その場に
座り込んでしまいました。
恒例の写真撮影も「一緒に写ろう〜!」と声をかけられるままに他人のカメラに
納まり、あとはひたすらぼーっとしていました。

というわけで、何とか後ろ姿をパチリ。

本当に、終わってしまえばあっという間。
10ヶ月間、といういつもの年より短い期間だったけれど、みんなの「ルンバを
踊りたい!」という情熱で、素晴らしい舞台になりました。

リハーサルの日、ある上級の先輩に声をかけられました。
「先週の全体練習を見ていたんだけど、あなたすごくいいよ!途中、後ろに
下がるところがあるじゃない、あそこでも全然目立ってるし、他に目がいかない
もん。上手くって、逆に目立ちすぎるくらいだから他のひとがもっと頑張らないと
だめよね。先生があなたを真ん中にしたの、よくわかる。自信もって頑張って!
すごくいいから。」
…とお褒めのお言葉をたくさん頂戴したんです。
何だか信じられなくて、そんなふうに褒められたりすることがなかったし、
何より慣れていないので、舞い上がってしまって…。
リハーサルで失敗したのは、きっとそのせいね。
舞台が終わったあと、練習をみて頂いた先輩にお礼を言いにいったら
「あなた、真ん中取ったじゃない!頑張ったもんね。あなたの隣の方はまだ2年
でしょ?あなたもクラスでは一番期間は短いものね。やっぱりフラメンコは
年数じゃないのよ。センスなのよね」
と、こちらは微妙に褒めてるかどうかはわからないけど、でもうれしかった。

今月は、本当に精神的にも体力的にも辛かったけれど、フラメンコがあったから
何とか乗り切れたと思う。
これからも、できる限り続けていけたらいいな。
そして、もっともっと上手になりたい。

今回も何かと協力してくれたダーリンに感謝、感謝♡
[PR]
# by miyukistyle | 2006-07-27 15:11 | フラメンコ

完成!!

c0052035_1233789.jpg

来月の発表会で着る衣装が届きました♪

はじめてのお仕立てで、どきどき…。
ネットで探した「ロゼ花子」さんで、作っていただきました。

デザインはホルターネック。首の後ろには大きなリボンが付いてます。
これは取り外しもできます。
裾は3段フリルで後ろはヒップに向かって逆V字にフリルが付いています。
白地に赤系のバラ柄にローズピンクの生地でパイピング。
細かく採寸をしていたので、サイズはぴったり!

ちょっと派手かな?
でも、いちどは着てみたかった花柄、しかも白地に赤系。
今持っている衣装は白地に黒の水玉模様で半袖のフリルたっぷりのもの。
もうひとつは去年のカルメンの赤と黒のシンプルなワンピース。
はじめは七分袖か五分袖のふりふりワンピースで黒地にしようかと思って
いたんですよ。
ただ、今までの発表会のビデオを観ていて、濃い色の衣装はちょっと沈んで
見えるなあ、と思ったので白に変更。
さらに白だと袖があってフリルがたっぷりだともっさり見えそうな気がして
すっきり袖無し、大好きなホルターネックに決定♪

レッスンもいよいよ最終段階。
立ち位置の確認や、移動した時の位置、向き合って踊る箇所etc…。
今回のルンバは、6人3列で踊ることになったのですが、な、何と!!
私、1列めの中央寄りで踊ることになりそうなんです!!!
嬉しい気持ちと同時に、プレッシャーも感じます。
これは、あと1ヶ月、気合いを入れて練習しなければ。
何より大好きなルンバを楽しく踊ること。
観た人が「フラメンコって素敵だな」と思ってくれるような踊りが
できたら最高です。

あ〜、これでミホさんとの約束が果たせそう。
春まで一緒にレッスンしていたミホさんに「miyukiさん、絶対に
センターパート取ってね!」と言われていたから…。
レッスンが終わった後も、少し残って練習したり、先輩にアドバイスを
してもらったりして。
でも、レッスンの時、先生からは何もチェックしてもらえなかったので
「私はきちんと踊れているんだろうか。他の人はいろいろチェックして
いるのに、私は存在が薄いんだろうか」と密かに悩んでいたんです。
加えて、仕事をはじめてからはなかなかレッスンの最初から出席できる
ことができなくて、内心かなり焦ってた。

ここ何ヶ月か、ちょっとしたことで自分に自信が持てなくなって
落ち込むことが多いな。
周りの評価に過敏になっていて、しかも疑り深くなってるみたい。
「自分軸」がぶれてる?それともこだわりが強すぎる?

フラメンコは、基本のリズムを崩さなければ、その中で個性を出せる
自由さが魅力。
ルンバを一緒に踊るメンバーも、きっとそれぞれ思い思いの衣装に
身を包み、発表会に臨むんだろうな。
今からどんな舞台になるのかとても楽しみです。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-06-25 13:45 | フラメンコ

「小我」なわたし

少し前になるけれど、「ナイロビの蜂」を観に行きました。

あらすじは、ケニア外交官の美しい妻が不慮の事故で亡くなる。
その死に疑問を抱いた夫が、事故の真相を探っていくうちに
妻の知られざる一面に触れて、彼女のほんとうの姿を知る…と
いうようなストーリー。(まちがってたらごめんなさい)

扱っているテーマは結構重いけれども、どちらかというと
夫婦の愛とか絆みたいなものがクローズアップされているように
感じたので、観終わったあとの疲労感はあまりなかったですね。

個人的な感想は…。
「私が知らないだけで、アフリカではこんな恐ろしいことが
起こっていたんだ!!」
ということ。
そして、そこに住む人々は、本当に日々を生き抜くことに必死で
明日、生きている保証はないというぎりぎりの状態で生活している
んだということに、今さらながら衝撃を受けたんです。
そんななかでも、きらきらした子供達の瞳。
映画を観ることで、その土地に行くことはできなくても、少しでも
知らない世界を知ることができるんですね。

映画館でもらった新聞みたいな広告に、江原啓之さんの推薦文が
載せてあったので、読んでいたらそのなかで、
「この映画の女性は素晴らしい。自分の身を削って大きな問題に
立ち向かっている。そして多くの人を救おうとしている。これこそ
が大きな愛であり『大我』である。」というようなことが書いて
ありました。

確かに彼女はたった1人で権力に立ち向かい、不正を暴こうと
して、犠牲になっているたくさんの人を救おうとした。
それは素晴らしい生き方だと思うけれど…。
そのために、夫の立場を危うくしたり、不安を抱かせたり、
重要な機密を提供してもらうために、夫を裏切ったり…。
観ていて、何だか嫌〜な気分になって「誰かこの女を止めろ!」
と思ってしまった。

ひとには色んな生き方があって、それはそれでいいのだろうけど
大事な人を不安にさせたり、苦しめたりして、そうまでして
やらなきゃいけないことって何?
いくら「心が狭い」とか「子どもだ」と言われても、私は愛する
人を犠牲にはできない。
ああ〜、こんな私ってほんと「小我」な人間なんだな。
な〜んてことを考えて、自分の器の小ささを痛感したわけです。

ま、マザーテレサにはなれないけど、家族やダーリンにとっての
「癒し」になれれば、それで良しとすることにします。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-06-19 20:02 | もの想い

生きてるだけでまる儲け

6月になりました。
先月はブログの更新が滞り、皆さまのところにも伺えず、PCをほとんど
開けることもなく毎日が過ぎていきました。

毎年、このくらいの時期から体調が崩れはじめて、梅雨を迎え、
そして、夏の暑さに完全にやられてぐったり…というパターン。
加えて今年は新しい仕事もをはじめているので、時間的にも
余裕がなく、いつもいっぱいいっぱい状態。

仕事をはじめて、うれしいこともあったし、ショックな出来事もあって
精神的に参ってしまったこともありました。
でも、そんななかで長い付き合いの友人の手助けや励ましがどんなに
ありがたく、うれしかったか!!
そして、いつも傍にいて私の愚痴を聞き、身体を気遣ってくれたダーリン。
ふたりの生活がいちばん大事で、そのペースを壊さない範囲で仕事をしよう
と思っていたけれど、不器用な私はなかなかそれができなくて、へとへとに
なってました。

へこみ気味な私を救ってくれたひとことは…
「生きてるだけでまる儲けよね〜。」
友人の紹介で、お客さまになってくださった方の何気ない言葉でした。
彼女の肩に力の入っていない暮らしかた、素直な心のありようが、
とげとげしくなっていた私の気持ちをほわっとほぐしてくれたのです。

そんなこんなで、上がったり下がったりしつつ、また皆さまともおつき合い
していけたらなあ、と思っています。

何だか堅苦しい文章になってしまいました。
ついつい「きちんとしなければ」という気持ちが働いてしまって、
面白みのない、親しみにくい雰囲気になっちゃうんですよね。
もっと肩の力を抜いて、らく〜にいきましょう、わたし。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-05-29 23:06 | 日々のひとりごと

花とともに暮らす

連休中にダーリンが買ってきたバラが見事に咲きました。
「家のなかでも楽しみたいから、ひとつもらってもいい?」と
お願いして、花瓶に挿したら…とても華やかになりました。
明るい赤が素敵。

c0052035_20325110.jpg



ミニバラは何鉢かあって、今それも次々と花を咲かせているので、
毎日眺めるのが楽しみなんです。

c0052035_21594793.jpg

ミニバラは私の好み。
大輪のバラはダーリンの好み。

バラ園とまではいかないかもしれないけど、毎日ぼんやりと眺めては、お水を
あげたり、花がらを摘んだり。

c0052035_2203185.jpg


いつもお世話になっている、ダーリンのお母さんと伯母さまに寄せ植えを
作りました。

ミニバラをメインに作る予定だったのですが、あいにく品切れで、急遽、
カーネーションを使うことにしました。

少し弱り気味だったカーネーションも、思いきって花を切って植え付けたので
すっかり元気に。
プレゼントする頃には、たくさんの花を咲かせてくれました。

ダーリンのお母さんにプレゼントした寄せ植えのプチダリアが、今、たくさん
花を咲かせて、とても華やかな雰囲気になっています。

作る楽しみと、育てる楽しみを満たしてくれる寄せ植え。
今度はどんなふうに作ろうかな〜。
[PR]
# by miyukistyle | 2006-05-10 00:38 | 日々のひとりごと

連休最終日

長かったお休みもついに終わり…。
最終日はのんびりおうちで過ごしました。

今回の連休は、甥っこの初節句やその他の用事でお泊まり旅行は難しい
ようだったので、日帰りでハウステンボス、福岡に行ってきました。

最終日は、ゆっくり起きてランチを食べに行ったあと、ナーセリーで
寄せ植え用の花とバラの鉢を買って、帰宅。
母の日にプレゼントする寄せ植えをふたつ作りました。
ひとつはダーリン母に、もうひとつはいつも何かとお世話になっている
伯母に。
ダーリンは、バラを植木鉢に植えかえて(ふたつ植えるとけっこうな
重労働)かなり満足げ。
もう、ちょっとしたバラ園状態です。
「ブログに写真載せたらいいんじゃない?!」
とかなり得意げなダーリンがちょっと可愛い。


c0052035_2048848.jpg
夕ご飯は、マーボ豆腐、せいごの塩焼き、だし巻き玉子、ボイルソーセージ、etc。
「これ、ふたりぶんちゃうやろ!」と思いつつも完食。
やっぱりおうちでごはんがいちばん!帰りを気にせず、ゆっくり飲めるしね♪


あらためて、ダーリンと過ごす時間の大切さを感じたお休みでした。




早く、週末来ないかな。←まだ休むんか、おいっ!!!
[PR]
# by miyukistyle | 2006-05-08 21:16 | おうちごはん