花に癒される毎日です。


by miyukistyle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

去年の秋に植えたクロッカスが花を咲かせました。
うれしい反面、チューリップとの寄せ植えをしていたので、
この調子だとチューリップが咲くころにはクロッカスは枯れてしまうのでは?
と心配になっています…。
c0052035_12103699.jpg

先日、遅ればせながら「硫黄島からの手紙」を観てきました。
実はこの映画は観るかどうかちょっと迷っていました。
戦争ものだし、イーストウッド監督の作品だから事実を淡々と描いて
観終わったあとにずしっときそうだよなあ、きついかなあなんて。
「ミリオンダラー・ベイビー」を観たあと、じわじわと効いてくる
ボディーブローのようなあの感じがとてもしんどかったので。

さて、感想ですが。
思ったより、辛くなかったです。
画面の色合いが、褪せたような処理がしてあったのか、モノクロとも
セピアともつかない感じが、雰囲気がでていて良かった。
渡辺謙さんをはじめ、すべての役者さんがこの作品にすべてをぶつけていて
イーストウッド監督はそれを変に感情移入せず、まるで史実映画のように
仕上げているように思えました。

あの時代、戦場に散った男たちすべてが「天皇陛下万歳!」と心から叫んで
いったかといえば、そうではなかったということを、もう今は誰もが
知っているはずなのに、あらためて「ああ、こんな日本人がいたんだ」と
思わされた作品でした。

だんだんあの戦争のことをリアルタイムで体験したひとが少なくなっている
今、このような映画をイーストウッド監督が作ってくれて、よかったなあと
思う。日本人が同じ題材で映画を作ったら、もっと悲愴感に溢れた重たい
作品になって、逆に本当のことが伝わらなかったかも。

映画を観たあと、何だか誰かに手紙を書きたくなりました。
春を感じさせる素敵なレターセットを物色中です。
[PR]
by miyukistyle | 2007-02-19 12:41 | 映画

春は輝きを纏って。

そろそろ春の装いが気になる季節ですね。

春が異常に短い熊本では、春物のコートは出番が少なくて、
毎年二の足を踏んでいたのですが…。
ついに!今年、手に入れてしまいました。
c0052035_0343099.jpg

光沢のあるベージュ、少しハイウェストで切り替えたデザイン。
長めのベルトをリボン結びにして、ワンピースのように着ます。

定番のトレンチにしようかと随分迷って、最終的には女らしい雰囲気の
このコートに決めました。

そして、こちらは以前にちょっと触れたバレエシューズです。
c0052035_0345364.jpg

控えめなシルバーにベージュピンクのリボン。
ヒールは3cmで、歩き易さもばっちり。
デニムやふんわりスカートとタイツで甘めの着こなしに。

とにかく今はシャイニーなものがとっても気になる!
定番のデザインも輝きが加わると途端に華やかになって、気分も上がる感じ。
うふふ、おしゃれって楽しい♡
[PR]
by miyukistyle | 2007-02-10 01:08 | おしゃれ心

また、新たな気持ちで。

c0052035_20273835.jpg

フラメンコのレッスン着と靴を新調しました。
靴は習いはじめたときからずっと履き続けていたので、もうさすがに
あちこちが痛んでちょっと可哀想な状態…おまけにどうにも足が痛くて
レッスンにも支障がでていたのでやっと買い換えました。
レッスン着もずっと同じものを着ていたので、新しいものが欲しいなと
思って、ネットで色々探していたんです。
今持っているものはすっきりシンプルなデザインなので、今度はフリルが
付いた可愛いタイプが欲しくて、これを見つけたときは「やった〜!」と
大喜び。その上お値段も良心的で2倍の喜び♡
クラスの仲間にも好評で、色違いで買った人もいるほど。
気持ちも新たにレッスンに励んでいます。

去年の夏から仕事をはじめたので、レッスンの最初から参加できなくて、
基礎練習がほとんどできていなかったのです。
発表会で踊る曲の振り付けだけは何とか練習して覚えるけれど、どうにも
身体が思うように動かなくなって…。
これは基礎をちゃんとしなければ、満足いくような踊りはできないと
感じて、先生に相談して時間がとれるところで別のクラスの基礎練習に
参加させてもらうことに。
先週から上級クラスで基礎練習をしているけれど、雰囲気が全然違う!
和やかな中にも緊張感を持って練習をされていて、こんな環境で練習を
続けていたら嫌でも上手くなるな〜という感じ。
同じ曲を踊っても全然違う踊りに見えるのは、ただ踊るのではなく、いちど
きちんと自分の中で消化してから気持ちを込めて表現しているから。

何より、先輩方のフラメンコへの想いをたくさん聞くことができるのが
とても嬉しく、私もあらためて自分がフラメンコが好きなんだなと
実感するのです。
上達の秘けつは情熱。
それは、何にでも共通することだと思うのです。
[PR]
by miyukistyle | 2007-02-01 21:01 | フラメンコ