花に癒される毎日です。


by miyukistyle
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:お茶( 4 )

秋のお茶会

10月になりました。
日に日に秋が深まっていくのを感じます。
実家の庭の彼岸花がきれいに咲いていました。
c0052035_11581399.jpg

秋はお茶会のシーズン。
毎週のようにあちらこちらでお茶会が催されています。

先週の日曜日、久しぶりに着物を着てお茶会に参加してきました。
気軽な会なので、着物は小紋でも紬でもいいということだったので、
母の藍の紬を着ました。
紬は着付けがしやすく、しかも着崩れしにくいので、私のような
初心者にはありがたい着物です。
ただ、熊本は10月になっても昼間は暑いので、袷の着物は暑がりの
私にはけっこう辛かったのですが…。

熊本市内にある白川公園のお茶室に着くと、すぐに待ち合いに通され、
床に飾られた掛け軸や、お茶会で使われるお道具や出されるお菓子の
お品書きに目を通します。

ほどなく、案内がありお濃茶席に入ります。
しんとして、澄んだ空気。
すうっと襖が開いて、亭主が入ってこられ、お釜の前に座られると
いよいよお手前が始まります。
お湯の沸く音。茶筅のさらさらという音。
中秋の名月にちなんだお菓子を頂き、たっぷりと入ったお濃茶を
ゆっくりと味わいます。

その後、お隣の棟に移動して、お薄茶を頂きます。
ここでは椅子に座ってお手前をされ、客も椅子に座ってお茶を頂く
かたちで、これはとても新鮮でした。
とてもリラックスした雰囲気で、気軽にお茶を楽しめます。
久しぶりのお茶会で、ちょっと緊張していましたが、思いのほか
楽しめて、よい1日になりました。

最近、お茶のお稽古が楽しいなあ、と思えるようになりました。
1年前にお稽古を再開したときは、お手前を覚えること、先生に
慣れること、周りの生徒さんたちに慣れることに精一杯で、
ぐったり疲れて帰宅することも。
それが、ここ何ヶ月かは多少疲れていても「よし、お稽古に行って
気分転換しよう」と思えるようになったんです。

お茶のお手前は、お作法やきまりごとがたくさんあって、それが
「堅苦しいなあ、窮屈だなあ」と感じます。
それがあるときから、先生が言われるとおりにお道具を扱ったり、
手の動きを気を付けたり、歩き方に注意を払ったりしていると、
結果、非常に美しくみえることにわかったのです。
そして、そのとおりに自分ができたとき、心が穏やかになって
安心して、自由になれた気がしたのです。
今までに味わったことのない感覚。

日常生活は、仕事を含めて突然色んなことが起こります。
なかなか予定どおりにはいかないもの。
それは、知らないうちにストレスとなって心と身体を蝕む。
お茶のお手前のように、「きちんときまったこと」を粛々と
行うことは、疲れた心を癒す効果があるのかもしれません。
[PR]
by miyukistyle | 2006-10-05 20:55 | お茶

いざ、初釜へ。

c0052035_1750969.jpg
日曜日、初釜に出席してきました。

天気にも恵まれ、まるで春のような陽気のなか
おいしいお茶を頂いてきました。

滅多に見られない、先生のお点前。
少しも無駄がなく、美しい所作。
ほどよい緊張感が漂うなかで、「茶の湯の
こころ」を学ばせて頂くことができて、
しあわせでした。



それにしても…久しぶりの着物の着付け、心配でした〜^^;
前の晩に2回練習して(それもものすごい時間がかかった)それでも
やっぱり心配で、前夜はほとんど寝られず…。

でも、当日は拍子抜けするくらいスムーズに着付けができたのでひと安心。
写真ではわかりにくいのですが、帯が「唐織り」といって草木染めの
優しい色合いでたくさん色が使ってある、お気に入りのもの。
着物は落ち着いたベージュの地に、古典柄をあしらった上品な雰囲気の
付け下げ。誂えたときは、「ちょっと落ち着きすぎかなあ」と思ったけれど
今の自分にはぴったりかなあと思ったりして。(と、自分で言ってみる。)

着物を着ると、ダーリンが喜びます。
そして、一緒にお出かけするときは着物とつり合うように、ジャケットを
着たり、かっちりした革靴を履いたりして、ドレスアップしてくるのが
うれしい。
そうやってお食事に行ったりすると、お店の方が丁寧に対応してくれるのが、
またちょっぴりうれしい。

ちょっと背伸びの休日は、わたしを「エレガントな女性」へ少しだけ
近付けてくれる大切な時間です。
[PR]
by miyukistyle | 2006-01-16 18:28 | お茶

優雅な?!お点前

c0052035_1163487.jpg
昨日は、お茶のお稽古2回目。
久しぶりにお点前をする予定なので、どきどき!

まずは、お濃茶のお客さんをすることに。
お菓子の頂きかたを、先輩からチェックされ、
かなり焦りぎみ^^;
とろりとしたお濃茶はなかなか美味♡

いよいよ私のお点前の順番。
水屋で準備をしていたら、先生が「そのお茶碗はだめよ!」
えー、さっき尋ねた生徒さんがこれがいいって…。
気を取り直して、ご挨拶。
半畳を3歩で歩くのだけど、足が大きい私はどうしても行き過ぎてしまう。
ああ、このサイズが恨めしい…。
おおまかな流れは覚えていたけど、道具の置き場所や細かい所作が抜けていて
先生からそのたびにご指摘。緊張するけど、久しぶりだしあいまいなまま
お稽古するのももったいないので、ありがたく教えていただきました^^

昨日は、朝から落ち込むことがあって、お茶のお稽古もびしびし鍛えられた(笑)から
あー、あたしってだめな奴…とかなりへこんでいたのです。
でも、今思い返せば久しぶりのお点前だったし、今までと違う先生についてお稽古した
わりには、まあまあだったのでは?と思えてきました。

お稽古ごとって、自分が楽しむためのものだと思うので、人とあまり比較しないで
マイペースで続けていけたら…いいですよね。
[PR]
by miyukistyle | 2005-04-16 11:32 | お茶
c0052035_1128873.jpg
昨日は夕方からお茶のお稽古へ。

これが実に2年ぶり。
はじめに習っていた先生の事情でずっとお休みを
していました。

そんなある日、ダーリンが見つけてきたカルチャースクール。
「ここって、受講料安いし、先生に相談してはじめてみたら?」
せっかくお濃茶までお点前できるようになってたし、せっかく
だから…と、通ってみることに。

偶然にもそこの先生は、妹も習っているのでちょっと安心^^

もう、お教室に入るところからかなり緊張!
水屋の使い方、お部屋への入り方、お軸やお花の拝見…。
ものの見事に忘れてるーー(泣)

「すみません…今日は見学させてください。」と申し出た私でありました。

お客さんをしながら、他の生徒さんのお点前を見ていると、何となく記憶が
蘇ってきて、来週は大丈夫かなーと。
おいしいお菓子と、お抹茶でかなり満足^^

やっぱり、この空間、好きなんだなー。
お釜のお湯がしゅーっと沸く音、ふくさのぱんっという音、お茶筅のさらさらと
いう音…。
「無」になれる時間。

少し、仕草がおしとやかになった?私でした。
[PR]
by miyukistyle | 2005-04-09 11:54 | お茶